難関校の入試に向けて数学の問題集を買ったけれど、
そもそも解き方が分からなくて手がつけられない。

問題をどんどん解き進めるよりも、
まずは典型パターン問題を頭に叩き込んで
応用問題の解き方の基礎をしっかり身につけたい。

そんな受験生にピッタリの参考書が、
高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」だ。




高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」の特徴まとめ

難易度★★★★★難関入試対策レベル
問題数★★★☆☆
内容例題を通して応用問題の解放を習得する参考書
ページサンプルAmazonにページサンプルあり
使用開始時期過去問演習前
楽天での評価★★★★☆星4.5
⇒数式演習口コミ
⇒図形演習口コミ 
Amazonでの評価★★★★★星4.5
⇒数式演習口コミ
⇒図形演習口コミ

高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」の難易度と到達レベル

1対1の数式演習(図形演習)は、解法を学ぶための参考書だ。
そのためか、高校への数学シリーズの中でも
問題だけが書き並べられている問題集(レベルアップ演習など)に比べて
入門書的な位置づけだと誤解されがちだ。
しかし、実際は高校への数学シリーズの中でも難し目の部類に入ると思われる。

中学3年間の数学を完璧に理解していなければ手も足も出ないだろう。
また、そもそも50~60くらいの偏差値の高校を目指すのであれば
全く本書のような難問に手を出す必要はない点には注意が必要だ。

一方で、超難関校を目指す場合は過去問演習前に本書を周回しておくと、
過去問の理解度が全く違ってくるだろう。




高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」のページ構成

1対1の数式演習(図形演習)のページ構成は
チャート式や中学数学の発展的学習などと全く同じ構成となっている。
各ページにはまず例題が示され、その下に解法のポイントや解答・解説・類題が示される。
最下部には例題と同じ考え方を用いれば解ける練習問題が掲載されている。

ただし、チャート式や中学数学の発展的学習と比べると、
練習問題がかなり応用を意識している点が異なる。
練習問題は、例題と数値だけが異なるような問題ではないことが多く
一見するとどこで例題と同じ考え方を用いればよいか分からないようなものも多い。
例題の難易度のみならず、練習問題でも適度に頭を使わなければならないような
仕組みになっている点が大きな特徴だと言える。




高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」のおすすめの使い方

まずは解答を見ずに例題を解いてみる。
解けなかったものには印をつけておき、
解答を読んで理解する。
解答が理解できたら、すぐに解答を隠して答案を自分で再現してみる。

解けずに印をつけた問題については、
次の日などにしっかり解き方が覚えられたかどうか繰り返し練習をする。

分野別に問題は周回し、全問完璧に解けるまで繰り返す。

練習問題は例題を解いた直後に解いてしまうのが良いが、
あまり時間をかけずに素早く全分野を見渡したい場合は
例題だけを解いていくのも良い。



高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」の目次と問題数

1対1の数式演習

1.式の計算
 要点のまとめ 3ページ
 例題と演習題 各16題
 演習題の解答 7ページ
2.整数
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各13題
 演習題の解答 4ページ
3.文章題
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各14題
 演習題の解答 5ページ
4.場合の数・確率
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各17題
 演習題の解答 7ページ
5.関数(1)
 要点のまとめ 4ページ
 例題と演習題 各17題
 演習題の解答 8ページ
6.関数(2)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各18題
 演習題の解答 8ページ
類題
 問題数 8題
 解答 2ページ

合計例題・問題数 198題
ページ数 167ページ

1対1の図形演習

1.直線図形(1)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各13題
 演習題の解答 6ページ
2.直線図形(2)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各17題
 演習題の解答 8ページ
3.円(1)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各14題
 演習題の解答 7ページ
4.円(2)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各17題
 演習題の解答 8ページ
5.立体(1)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各16題
 演習題の解答 9ページ
6.立体(2)
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各16題
 演習題の解答 7ページ
7.動く図形
 要点のまとめ 2ページ
 例題と演習題 各13題
 演習題の解答 6ページ

合計例題・問題数 212題
ページ数 184ページ




高校への数学「1対1の数式演習(図形演習)」についてのQ&A

この参考書をマスターした後はどの参考書に進めばいい?
さらに難易度の高い問題集に挑戦したい場合は、
日々のハイレベル演習」がおすすめだ。
ただし、この参考書(1対1)自体、結構難易度が高く
マスターするのにもそれなりに時間がかかると思われる。
そのため、マスターし終えたらさっさと過去問演習に移っていくのも一つの手だ。




学年一位の彼が隠していた秘密の勉強法

どんなに勉強しても彼には勝てなかった。
学年でもダントツの成績。

塾には通っていないようだし
勉強法を聞いても話をそらされてしまう。

でも、今日ついに彼の秘密を知ってしまった。

彼がカバンを開いたとき、
一瞬だけあの冊子が見えたんだ。

『中学からの正しい学習法』

おすすめの記事